東京都はさすがに人口が多いだけあって、子供もそれなりの数に上るだろうと思われます。今も昔も、子供の習い事として欠かせない候補となるのがピアノで、上流階級の家庭であればたしなみの一つとして、幼いころから子供をピアノ教室に通わせるのではないでしょうか。子供にとっても、一定時間は集中して鍵盤に向き合わないといけないことや、レッスンに行くためには自宅で継続して練習をしないといけないため、幼いなりにも自分で頑張らないと、という気持ちを目覚めさせることができます。たいていの場合、4歳くらいから始めることが多い子供のレッスンですが、まだ学校に入る前からピアノのレッスンを始めることで、何事も自分で頑張らないといけないということを早いうちから自覚させることができるでしょう。東京都なら大きなところから個人のところまで、たくさんのピアノ教室から選択できます。

年代分布のばらつきが東京都のピアノ教室にも

これまでピアノ教室に通うといえば、4歳くらいから始めたばかりという小さな子供を筆頭に、小学生、中学生、そして高校生から大学生くらいまでといった感じで、総じて習うのは子供たちというのが当たり前でした。けれど、最近では受験などで塾通いが忙しくなり、中学生になるころにはレッスンをやめてしまう子も多いといわれています。ピアノ教室としては、ただでも少子化の上に、ピアノを続ける子が減ってしまうのは痛手でしょう。けれど面白いことに、減ってしまった子供の後を埋めるかのように、大人がピアノ教室に通うケースが増えています。それも、老後を元気に過ごしたいと考える、比較的年齢を重ねた人たちが多いことから、ピアノの先生たちも指導方法を変える必要に迫られています。東京都にも大人を対象にした大人のためのピアノ教室が増えているのは、人口分布の変化が大きな理由といえるでしょう。

大人が集う東京都のピアノ教室は

最近、高齢の人たちの間で男女を問わず人気の習い事が、ピアノです。東京都の場合、子供は成長すると家を出て、別に世帯を持つことがほとんどです。子供が弾いていたピアノがそのままになっているのを見て、ボケ防止のためにやるかと考える人が増えてきたのが、高齢者の間でピアノが人気になった一番の理由です。ピアノ教室の方でも、子供の数は一向に増えず、逆に高齢者がどんどん増える今の時代、大人を相手に教えるところが増えてきました。楽譜は読めず、鍵盤を見てもどこがドかもわからない人が弾けるようになりたいというわけですから、ピアノ講師としてはこれまでの考え方を一新して指導に取り組む必要があるでしょう。その一方で、何が何でも上達しなければといったプレッシャーがないことや、楽しむことを最大の目的にして習いに来る人たち相手ですから、先生も過度な期待を持たずに教えられるというメリットがあると思われます。